第8回実務講座は終了致しました。
多数のご参加ありがとうございました。

第8回 法律家のための実務講座 開催

メインテーマ

夏場に恒例の、交通事故・後遺障害実務講座の季節が到来しました。
今回のテーマは、

  1. 精度を上げる、
  2. 集客を増やす、
  3. そして、受任率を上げることです。

事故のテッパンをさらに究める

最大多数の頚椎捻挫では、MRI画像分析を駆使して、等級獲得の精度を飛躍的に高めます。
的確な指摘、意見書の作成により、クライアントの信頼性を高め、非該当の不良債権を0にします。

同じ観点から、鎖骨骨折、肩腱板損傷、脊椎の圧迫骨折、高次脳機能障害を徹底学習します。
特に、高次脳機能障害では、どうやって受任につなげるのか、等級獲得までのフォローの仕方について、議論を深めます。

保険の知識を差別化につなげる

次のテーマは、少し、後遺障害から離れて保険の約款の学習です。
一般に、被害者は、保険の約款などチンプンカンプンです。
そして、弁護士も、もう一つ分からんでは、受任に結びつくことはありません。
そこで、

  1. 対人保険と自動担保されている無保険車傷害保険について、
  2. 相手の任意保険に対する被害者の直接請求権について、
  3. 人身傷害保険と弁護士基準の適用について、
  4. 弁護士費用特約について、

通販を含む全ての保険屋さんの約款を網羅、格差と注意点について説明します。
つまり、どの自動車保険を選択してはならないまでを突き詰めます。
学習後に、これらの記事をHPにアップされると、評価はうなぎ登りとなります。

多くの弁護士、パラリーガルの参加を期待しています。
詳細はお電話にてお問い合わせください。

実務講座概要

東京会場

日時 2016年8月6日(土)、7日(日) 午前10:00~午後17:00
場所 日本橋プラザ 3・4会議室
住所 〒103-0027東京都中央区日本橋2-3-4 03-3231-0421
定員 30名 先着順 (弁護士とパラリーガルに限定)

大阪会場

日時 2016年8月27日(土)、28日(日) 午前10:00~午後17:00
場所 新大阪丸ビル別館 D号室
住所 〒533-0033大阪市東淀川区東中島1-18-22丸ビル別館 06-6325-1302
定員 30名 先着順 (弁護士とパラリーガルに限定)