人身傷害保険は、テレサテンか、サンマの塩焼き定食か?

 

テレサテンか、サンマの塩焼き定食か?

昨日に掲載した判例ですが、もう少し分かりやすく説明します。

訴訟上の総損害額 1億円で、
被害者の過失割合 20%、過失相殺額2000万円であるとき、
裁判所の認定する損害額は、1億円×80%=8000万円となります。
被害者は、先に人身傷害保険から5000万円を回収していたとします。
上記の8000万円から保険屋さんが回収できる金額は、
5000万円-2000万円=3000万円、
支払った人身傷害保険金-過失相殺額となります。

結果、8000万円-3000万円=5000万円が裁判所で被害者に認定される金額となります。
被害者は、先に人身傷害保険から5000万円を回収しています。
被害者は、加害者から5000万円、人身傷害保険から5000万円、合計1億円を受領します。

本件の損害賠償額として確定した金額は1億円、
ところが20%の過失が認められたところから、被害者に認定された賠償額は8000万円でした。
人身傷害保険では、被害者に過失を問わないことがセールスポイントです。
したがって、2000万円は人身傷害保険が負担して当然なのです。

求償に限定されているとは言え、地裁判決による損害賠償額で決着したのです。
人身傷害保険は、サンマの塩焼き定食にあらず、償いの保険、テレサテンと判断されたのです。
この考え方は、現在、差額説と呼ばれています。