選択して加入する特約

(7)車両新価保険特約 全損時諸費用補償特約

車両新価保険特約 全損時諸費用補償特約

車両保険の支払い対象となる事故により、新車に大きな損害が生じ、改めて新車などを購入したときに、実際にかかった再購入費用に対して保険金をお支払いします。
ただし、盗難では、この特約の適用はありません。

修理費が、保険金額の50%以上になるとき
車体の本質的構造部分に著しい損害が発生、修理費が車両保険金額の50%以上であるとき、
全損で、車の修理ができないとき、

全損時諸費用補償特約が自動的に担保されています。
車両新価保険特約により保険金が支払われるときは、再取得時の諸費用も支払われます。

車両保険金額100万円以下では、一律 10万円
車両保険金額が100万円超300万円以下では、協定保険価額(保険金額)×10%
車両保険金額が300万円超では、一律 30万円

この特約に加入できるのは、新車購入後、最初の車検時までとなります。

(8)対物超過修理費用特約

 相手車の修理費が時価額を超えるとき、その差額に対して、「お客さまの過失割合分」、または「50万円」 のいずれか低い額を限度に保険金を支払うものです。

この特約では、修理して乗ることが前提となっています。
30万円の時価額で修理費が50万円であるとき、50万円を貰い新車に乗り換える?
こんなプランが頭に浮かびます。
しかし、修理をしない限り、50万円が支払われることはないのです。
「なんとかなりませんか?」 こんなメールが多いのですが、なんともなりません。

こんなメールが多い