人身傷害保険、過失事案における勝利の方程式?

事故直後から、なにもかもを、人身傷害保険に請求することになります
症状固定、後遺障害の申請も、人身傷害保険加入の保険屋さんに事前認定でお願いします。

過失を無視

この場合、被害者請求で自賠責保険から回収してはなりません。
自賠責保険から振り込まれるものは、損害賠償金の一部となるからです。
事前認定で等級を決定、人身傷害保険からの支払いであれば、損害賠償金とはなりません。
頭をフル回転してください。

訴訟判決が1億円、過失相殺10%が予想されたなら、休業損害、賞与減額、傷害部分の慰謝料、後遺障害の慰謝料で、1000万円以上を請求、受領しておけばいいのです。

地裁の判決が、1000万円の過失相殺で9000万円となっても、保険屋さんが求償できるのは、支払った人身傷害保険金-過失相殺額ですから、ビクともするものではありません。

過失事案では、先に人身傷害保険から回収する!
これで人身傷害保険の一角は完璧に崩れました。