1日目は、ムチウチ被害者の3通りの対応、非該当、14級、12級を学習しました。

さて、ムチウチ最難関である12級13号を獲得するために必要なことはなんでしょうか?
まず12級13号の絶対条件は、画像上の明らかな所見です。
医師や自賠責調査事務所がどのようにそれを確認しているのかを学びます。
この画像読影は弁護士先生が苦手とする分野です。
画像所見の確認方法、画像ソフトの使用方法を徹底的にマスターします。

「12級は難しいからねぇ・・?」 曖昧な対応は今日から必要なくなりました。

MRIの画像所見を確保する

MRIの画像所見?

矢状断、水平断を並列で表示しています。

まず画像分析ソフトを使って12級13号が見込まれる被害者の画像を表示します。
そして神経が圧迫されている所見を弁護士先生自ら探していただき、的確に指摘していただきます。
この一連の作業、画像ソフトの操作ができるまで、しぶとく特訓です。

12級13号の要件は、これらの画像所見に加え、その病変部から生じる、しびれ・痛み等の自覚症状の訴え、さらに病変部と矛盾しない神経学的所見、スパーリングテスト、腱反射、筋萎縮等を後遺障害診断書に落とし込むことです。

最後に弁護士先生自ら理想的な12級の後遺障害診断書を書いていただきました。
ここまでやればムチウチの全容を掴んだと言っても過言ではありません。

実務講座

文系最高峰の試験に合格した弁護士先生も今日は徹底的に理系を攻略しています。