第4回 実務講座 事前学習 3

(1)右股関節脱臼骨折

 乗車中の交通事故で、膝がダッシュボードに打ちつけられ、発症するところから、dashboard injuryと呼ばれています。

膝がダッシュボードに打ちつけられる

運転席や助手席で膝を曲げた状態のまま、ダッシュボードに膝を打ちつけ、大腿骨が関節包を突き破り長軸方向=後方に押し上げられます。

大腿骨が関節包を突き破る

股関節脱臼に伴い、寛骨臼=大腿骨頭が収まっている部分の骨折も、多数例です。
全体の70%は後方脱臼となり、これについて解説します。

全体の70%は後方脱臼となり

関節の脱臼につき、脱臼部位の痛み、腫れ、関節の異常可動域、内側に異常に曲がる状態となり、後方に大腿骨が押し上げられ、大腿は短くなっています。

単純XP撮影で大腿骨頭が、寛骨臼から外れているのが確認できます。

後方脱臼は、麻酔下で、外れた大腿骨頭を寛骨臼にはめ込みます。
脱臼に骨折を合併している、脱臼骨折の場合は、観血的に、ねじ釘で骨折寛骨臼を固定します。

股関節レントゲン

骨折を伴っている場合は、骨折片が坐骨神経を圧迫し、坐骨神経麻痺を引き起こします。
大腿骨頭は、3本の血管により栄養を送り込まれていますが、脱臼によりこの血管を損傷すると大腿骨頭に栄養や酸素が供給されなくなり、大腿骨頭が壊死に至ります。
股関節脱臼を24時間以内に整復しないと、この大腿骨頭壊死が高率で発生します。

大腿骨頭絵師となれば、大腿骨頭部を切断しそこに人工骨頭を埋め込むことになります。
これを大腿骨頭置換術と呼びます。
寛骨臼蓋の損傷の大きいものは、骨頭だけに止まらず、人工関節の埋め込みとなります。
これを防止するには、いかに早く整復固定をするかにかかっているのです。
骨折を伴わない場合は、受傷から12時間以内、骨折のあるものでも24時間以内に整復を実施すれば予後は良好と説明されています。

股関節の脱臼・骨折は無数に経験していますが、人工骨頭や人工関節の置換に至ったものは、ごく最近の1例のみです。
ほとんどは、受傷後6ヵ月で、症状固定とし、股関節の機能障害で12級7号が認められています。
症状固定を遅らせると、後遺障害が認定される可能性は薄くなりますので、この点、要注意です。

術後、主治医の説明する、大腿骨頭壊死の可能性は、あまり過剰に気にすることはありません。
なぜなら、ほとんど起こらないからです。

人工骨頭に置換された場合、この骨頭の耐久性が10年と説明されることがありますが、これも気にすることはありません。事故後の極端な肥満が克服できないで、再置換術になったケースを1例だけ経験しておりますが、これは、被害者側に問題があって、再置換術となった極端な例です。

人工関節の材質は、ポリエチレンから超高分子量ポリエチレン、骨頭については、セラミックが普及し、
通常の生活であれば、耐久性も20年以上とされています。

認定基準は改訂され、人工骨頭、人工関節を挿入置換しても、大多数は10級10号となります。

★理解のポイント
□骨盤骨の変形に伴い、下肢の短縮が認められるときは、いずれか上位の等級が認定されます。
この場合、実際に大腿骨や下腿骨が短縮しているのではありません。
骨盤骨の変形により、歪みが生じたもので、私は、下肢の短縮で認定されないと理解していました。
しかし、認定基準は、微妙に修正されています。
骨盤骨の変形は、12級5号ですが、歪みによる下肢の短縮が3cm以上であれば10級8号です。
この場合は、10級8号の認定となります。

□骨盤骨の高度変形により、股関節に運動障害が生じたとき、これらの等級は併合されます。