交通事故無料相談会と相談会で得たノウハウ?

(2)準備
①次に、当日の相談会に持参いただくものです。
交通事故証明書、診断書と診療報酬明細書は、過失割合や後遺障害を判断する上で必要です。
これらは、相手の保険屋さんにお願いすれば、コピーが提供されます。
後日の被害者請求にも必要ですから、必ず持参していただきます。

もう1つ重要なのは、事故直後のXPやCTそしてMRI画像です。
CDに収録された画像を持参するようにお願いしています。

それ以外には、自動車保険証券です。
弁護士費用特約に請求できるか、人身傷害保険の保険金は、これからの損害賠償に備えて全体をつかんでおく必要があるのです。

②会場のテーブルには、22インチ以上のモニターを常設とします。

持参された画像は、Onis の画像分析ソフトでモニターに表示して全員で閲覧します。
ヤフー検索で、Onisと打ち込むと、
Onis 2.5 Professional
Onis 2.5 Ultimete
Onis 2.5 Free Edition
が表示されます。

Onis 2.5 Free Edition
Onis 2.5 Free Edition

This package is a great starting point from which to discover ONIS 2.5. It is completely free of charge and aimed at non-professional users and radiology students. It is compatible with all modalities and all manufacturers. This version supports only a single monitor configuration and additional plugins cannot be loaded. Also, the database is limited to 15 patients. If you wish to use Onis with more than 15 patients, please consider purchasing the professional version of Onis. We believe that Onis Professional offers very good performance and functionalities for a very affordable price.

この中から無料ソフトのOnis 2.5 Free Editionをパソコンにダウンロードしておきます。
Onisは優れたソフトで、慣れると、画像のポイントを容易に表示して説明が可能です。
このソフトの具体的な使用方法は、3月の実務講座でお教えするカリキュラムとしています。

過失割合の分析では、事故現場をグーグルマップを使用してモニターに表示し、被害者に進行方向、衝突地点等を確認しています。

事故外傷と後遺障害については、詳細を交通事故110番のHPで説明しています。
必要があれば、それをモニターで表示して確認しています。