踵骨骨折に伴うSudeck骨萎縮?

ズディック骨萎縮

足指の基節骨、末節骨が黒ずんで見えますが、これがSudeck骨萎縮です。

ドイツのズディック外科医が1900年に発表したもので、外傷後の急性反射性骨萎縮のことです。
受傷後、比較的短期間の内に関節部の疼痛、関節の拘縮、血行障害を訴え、皮膚に特有の光沢を示します。 この特有の光沢を、医学的には浮腫状腫脹と言います。

XP撮影で著しい骨萎縮が認められ、手関節、下腿部、踵骨の骨折に好発しています。
治療は局所の理学療法、痛みを緩和する目的でステロイド剤の内服、血行障害等自律神経障害の緩和を目的とした交感神経節ブロック、交感神経節切断が行われますが、難治性です。

ここでは、踵骨骨折によるSudeck骨萎縮を説明しています。
骨折に起因した難治性疼痛は、CRPS TypeⅡ、カウザルギーが後遺障害等級の対象となります。

大多数のHPでは、これをRSDと説明していますが、それは大間違いです。