下記のCT画像は、自転車の運転者が軽自動車の出合い頭衝突で左側頭部を骨折、その衝撃により、打撲部位の直下の脳組織が挫滅を来したものです。
これも、局在性の脳挫傷となります。

局在性の脳挫傷

上の頭蓋骨は、CTの3D画像で骨折線が確認できます。

no008

白く見えるのが脳挫傷です。