このページでは、交通事故の後遺障害等級認定における原則と準則の適用方法のうち、「併合」の取扱について事例を元に解説します。

後遺障害等級の「併合」とは

併合とは、系列を異にする別表Ⅱの後遺障害が2つ以上認められるときに、以下の選択を行い、一つの等級を定めることを言います。

  • 重い方の後遺障害等級とするか。
  • 13級以上では、重い方の等級を1級繰り上げるか。
  • 8級以上では、重い方の等級を2級繰り上げるか。
  • 5級以上では、重い方の等級を3級繰り上げるか。

事例1「上肢機能障害と歯の喪失」

交通事故による右肘関節の機能障害で12級6号が認定されました。これ以外に、事故により4本の歯を失っています。等級は、なん級が認定されるのでしょうか?

本件の4歯の喪失は14級2号の認定となり、併合で繰り上がりません。
したがって、重い方の等級で、併合12級が認定されます。
歯列図
繰り上がりは13級以上であり、14級が複数認定されても、併合で繰り上がることはありません。

  • 10級4号 14歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 11級4号 10歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 12級3号 7歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 13級5号 5歯以上に対し歯科補綴を加えたもの
  • 14級2号 3歯以上に対し歯科補綴を加えたもの

「歯科補綴を加えたもの?」とは難解な表現ですが、交通事故で現実に喪失した歯の本数が対象です。
見えている部分の4分の3を失ったときも、喪失歯となります。
事故で2本の歯を喪失し、両サイドの歯にブリッジを架けると、都合4本の歯に補綴を実施したことになるのですが、失った歯は2本ですから後遺障害は非該当です。
親知らず、乳歯の喪失は対象外です。
歯の後遺障害診断には専用の後遺障害診断書に記載を受けなければなりません。

事例2「腰椎の骨折と下肢の短縮」

交通事故による腰椎5/6の圧迫骨折で胸腰椎の可動域が2分の1以下に制限されており、8級2号の認定を予想しています。さらに、右脛腓骨の開放骨折後に右下肢が2cm短縮していることが追加の測定で判明したのですが、この場合は、併合されると、なん級になるのでしょうか?

まず、脊柱に運動障害を残すものは、ご理解の通り、8級2号が認定されます。
脊柱の詳細図
次に下肢の短縮は、以下の3段階で等級が判定されています。

  • 8級5号 一下肢を5cm以上短縮したもの
  • 10級8号 一下肢を3cm以上短縮したもの
  • 13級8号 一下肢を1cm以上短縮したもの

2cmの短縮は、一下肢を1cm以上短縮したものに該当し、13級8号の認定となります。
8級2号と13級8号の併合ですから、上位等級が1級繰り上げられ、併合7級の認定となります。

事例3「上肢の切断」

交通事故による右上肢を腕関節以上で切断、左上肢を肘関節以上で切断となりました。後遺障害認定基準は、どうなるのでしょうか?

該当序列

  • 1級3号 両上肢を肘関節以上で失ったもの
  • 2級3号 両上肢を手関節以上で失ったもの
  • 4級4号 一上肢を肘関節以上で失ったもの
  • 5級4号 一上肢を腕関節以上で失ったもの

右上肢は腕関節以上の切断ですから、5級4号が認定されます。
左上肢は肘関節以上の切断ですから、4級4号が認定されます。
併合のルールに従えば、上位等級が3級繰り上がりますから、併合1級となります。
しかし、両上肢を肘関節以上で失ったものにはおよびません。
この場合は、序列の調整を行い、2級相当が認定されます。

事例4「両眼の視力低下と手指の喪失」

私の父のことですが、交通事故での頭部外傷により、両眼の矯正視力が0.02以下となりました。等級認定基準に従えば、2級2号が認定されると考えています。
本件はバイクとダンプの正面衝突で、父は、両手のすべての手指を失っています。これも等級認定基準によれば、3級5号が認定されると予想しているのですが、上記の2つが併合されると、最終等級は、なん級になるのでしょうか?

別表Ⅱ、併合1級が認定されます。
本件は別表Ⅱ、2級2号と3級5号が併合され、ルールに従えば、上位等級を3級繰り上げることになります。しかし、1級を超える後遺障害は存在しないところから、併合しても1級となります。

事例5「併合の例外」

両上肢・両下肢の欠損障害または機能障害、両手指・両足指の欠損障害または機能障害、両眼瞼の欠損または機能障害については、本来、系列を異にする複数の後遺障害であり、併合されるべきものですが、後遺障害等級表においては、組み合わせ等級として定められています。
したがって、組み合わせ等級により認定されることになり、併合の対象とはされていません。
下肢の骨格図
右下肢を膝関節以上で切断、左下肢を膝関節で切断したときは、それぞれの等級は4級5号となり、仮に併合すると併合1級となります。
しかし、後遺障害等級表には1級5号 「両下肢を膝関節以上で失ったもの、」 が規定されており、併合することなく1級5号が認定されるのです。

上肢

  • 1級3号 両上肢を肘関節以上で失ったもの
  • 1級4号 両上肢の用を全廃したもの
  • 2級3号 両上肢を手関節以上で失ったもの
  • 3級5号 両手の手指の全部を失ったもの
  • 4級6号 両手の手指の全部の用を廃したもの

下肢

  • 1級5号 両下肢を膝関節以上で失ったもの
  • 1級6号 両下肢の用を廃したもの
  • 2級4号 両下肢を足関節以上で失ったもの
  • 4級7号 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
  • 5級8号 両足の足指の全部を失ったもの
  • 7級11号 両足の足指の全部の用を廃したもの

眼瞼

  • 9級4号 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
  • 11級2号 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

事例6「大腿骨奇形と下肢短縮」

大学生の息子ですが、交通事故で右大腿骨に奇形を残し12級8号が認定されました。
同時に、右下肢について1cmの短縮が認められており、併合では、なん級が認定されますか?

この場合は、12級8号となります。
本件では、右大腿骨に奇形を残した結果として、1cmの短縮が生じています。
つまり、後遺障害が複数の観点=複数の系列で判断されたものに過ぎないので、いずれか上位の等級を認定することになります。
下半身の骨モデル
ちなみに、右大腿骨に奇形を残し、右脛骨の骨折後に右下腿に2cmの短縮障害を残したときは、短縮障害で13級8号が認定され、右大腿骨の奇形12級8号と併合され、併合11級が認定されます。

事例7「上肢偽関節と神経症状」

私の妻ですが、自転車VS自動車の出合い頭衝突で、左上腕骨を骨折したのですが、骨癒合不良で治療は遷延化し、偽関節となりました。
偽関節が評価され、7級9号が認定されましたが、妻は、日常生活では骨折部の痛みがあり、フライパンを使用しての調理ができません。これらの痛みは、12級13号として評価されないのでしょうか?

評価されることはなく、7級9号の認定にとどまります。
右上腕骨に偽関節を残したことを理由として、つまり偽関節に派生して右上腕骨骨折部に頑固な神経症状を来していると考えられるところから、併合は行わず、上位等級の認定にとどまるのです。

事例8「併合と自賠責保険金」

私の夫が、バイクで通勤途上にトラックと出合い頭衝突し、右手の親指の切断で9級12号、左手の小指の切断で13級5号が認定され、併合8級となりました。
しかし、自賠責保険から振り込まれたのは、755万円であり、8級の819万円ではありません。間違いではありませんか?

755万円の振込額で間違いありません。
別表Ⅱでは、13級以上の後遺障害が2つ以上あるときは、上位等級を1級繰り上げるルールとなっています。しかし、繰り上げた結果の保険金額は、それぞれの後遺障害等級の合算額を超えないこととされているのです。
8級の保険金額は819万円ですが、9級は616万円、そして13級は139万円となります。
616万円+139万円=755万円は819万円に届きません。
本件では、755万円の支払となります。