後遺障害とは、英語では「permanent disease」、すなわち、永久に治りきらない疾患ですが、自賠法では、一定期間の治療を続けても、治りきらないものを後遺障害と捉え、評価することとしています。
認定は6ヶ月

交通事故における「後遺障害」の認定時期

面倒な理屈はともかくとして、事故受傷後、6ヵ月を経過すれば、いつでも申請が可能です。
これは自賠責保険に限らず、労災保険も身体障害者手帳、精神障害者健康福祉手帳、すべて6ヵ月を経過すれば申請を受理しています。

西洋医学は、治療の延長線上に、治癒と症状固定の概念を持っています。
治癒とは、文字通り治ったことで、症状固定は、現在の治療を継続しても、短期的に改善が得られない、また治療を中断しても、悪化の可能性が考えられない状況を言います。

受傷後6ヵ月を経過して、目覚ましい治療効果が得られなくなれば、症状は固定したことになり、残存症状を後遺障害と呼ぶのです。主治医から、「あとは日にち薬ですよ!」 と言われたら症状固定です。
認定請求は6ヶ月が目安です。
頭部外傷後の高次脳機能障害、難治性疼痛のCRPS、非器質性精神障害のPTSD等にあっては、少なくとも受傷から1年間の治療が必要です。
手足の切断や脊髄の横断型損傷となれば、不可逆的損傷で改善は全く期待できません。この場合は、6ヵ月間の治療には拘りません。
全後遺障害中の80%は6ヵ月間で申請が可能ですが、例外もあることを、正しく理解してください。