後遺障害とは、英語では「permanent disease」と表現されており、そのまま直訳すれば、永久に治りきらない疾患となります。

さて、交通事故の後遺障害は、自賠法別表で規定されており、1~14級の140種類の後遺障害が35系列に分類されて、細かく規定されています。

さすがに、上位等級は深刻な障害ですが、10~14級の中には5年もすれば、「限りなく、元通り?」も存在するのです。
後遺障害から社会復帰へ
一般的には、後遺障害と言えば、植物人間、手足の切断を連想しますが、被害者の皆さんは、「一生を棒に振ってしまう状況だけが、後遺障害でない!」ことに、注目しなければなりません。